Home

映画『いちごの唄』は、ミュージシャンで俳優の峯田和伸が所属するパンクロックバンド「銀杏BOYZ」の楽曲を基に、脚本家の岡田惠和が描いた青春と恋の物語。
笹沢コウタ役の古舘佑太郎、ヒロイン・天野千日役の石橋静河を中心に宮本信子、和久井映見や光石研など豪華キャストが脇を固めます。
※公式Webサイトではありません

公開日

2019年7月5日(金)

監督

菅原伸太郎

原作

岡田惠和・峯田和伸

脚本

岡田惠和

キャスト

古舘佑太郎(笹沢コウタ)、天野千日(石橋静河)、コウタの母(和久井映見)、コウタの父(光石研)、天野千日/中学生(清原果耶)、伸二/中学生(小林喜日)、笹沢コウタ/中学生(大西利空)、シゲ(泉澤祐希)、かずみ(恒松祐里)、涼子(しゅはまはるみ)、シゲ/小学生(山崎光)、震災の女の子(蒔田彩珠)、アケミ(岸井ゆきの)、ラーメン屋(峯田和伸)、園長先生(宮本信子)、渡辺道子、ポール・マグサリン、麻生久美子、みうらじゅん、田口トモロヲ、宮藤官九郎、曽我部恵一、やついいちろう、今立進、村井守、村井香、赤坂真之介、yuccoなど

あらすじ

中学時代の親友・伸二の命日に再会したのは、当時伸二と共に憧れ「天の川の女神」と呼んでいたあーちゃんだった。

憧れの女神との再会に勇気を振り絞って「また会いたい」と伝えるコウタに対し、「また来年同じ場所で」と答えるあーちゃん。

年に一度、親友の命日である七夕の日にだけ逢う不思議な関係がはじまったが、突如告げられる伸二の死の真相。

「伸二君は私のせいで死んだ」

伸二とあーちゃんには、コウタの知らない2人だけの物語があった。