Home

映画『いちごの唄』は、ミュージシャンで俳優の峯田和伸が所属するパンクロックバンド「銀杏BOYZ」の楽曲を基に、脚本家の岡田惠和が描いた青春と恋の物語。
笹沢コウタ役の古舘佑太郎、ヒロイン・天野千日役の石橋静河を中心に宮本信子、和久井映見や光石研など豪華キャストが脇を固めます。
※公式Webサイトではありません

公開日

2019年7月5日(金)

監督

菅原伸太郎

原作

岡田惠和・峯田和伸

脚本

岡田惠和

キャスト

古舘佑太郎(笹沢コウタ)、天野千日(石橋静河)、コウタの母(和久井映見)、コウタの父(光石研)、天野千日/中学生(清原果耶)、伸二/中学生(小林喜日)、笹沢コウタ/中学生(大西利空)、シゲ(泉澤祐希)、かずみ(恒松祐里)、涼子(しゅはまはるみ)、シゲ/小学生(山崎光)、震災の女の子(蒔田彩珠)、アケミ(岸井ゆきの)、ラーメン屋(峯田和伸)、園長先生(宮本信子)、渡辺道子、ポール・マグサリン、麻生久美子、みうらじゅん、田口トモロヲ、宮藤官九郎、曽我部恵一、やついいちろう、今立進、村井守、村井香、赤坂真之介、yuccoなど

あらすじ

中学時代の親友・伸二の命日に再会したのは、当時伸二と共に憧れ「天の川の女神」と呼んでいたあーちゃんだった。

憧れの女神との再会に勇気を振り絞って「また会いたい」と伝えるコウタに対し、「また来年同じ場所で」と答えるあーちゃん。

年に一度、親友の命日である七夕の日にだけ逢う不思議な関係がはじまったが、突如告げられる伸二の死の真相。

「伸二君は私のせいで死んだ」

伸二とあーちゃんには、コウタの知らない2人だけの物語があった。

最新ニュース

七夕の歴史と信頼度抜群のカジノエックス

七夕の歴史を復習!信頼度抜群のカジノエックスで日本風スロットに参加!

映画『いちごの唄』の見どころとして、それぞれの名前に「天」「笹」の文字が使われていたり、あーちゃんの由来が「天の川の女神」だったり、さらには親友の命日が「7月7日」だったりと、事あるごとに七夕に関連があることが分かります。 七夕は別名「星まつり」とも呼ばれ、別れた恋人の古い伝説に由来する、毎年7月7日(場所によっては8月)に開催される日本の夏祭りの一つです。 七夕には「短冊」と呼ばれる色鮮やかな短冊に願い事を書き、竹の枝に吊るして叶うように祈りを捧げます。 七夕は日本全国で祝われますが、三大祭りは宮城県の「仙台七夕まつり」、神奈川県の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県の「安城七夕まつり」です。 七夕イベントの中には、街全体を巻き込むものもあり、伝統的な日本の夏の雰囲気を感じるのに最適な方法であると、海外では紹介されているところも多いです。 ここでは、そもそも七夕とは何なのか、どこからきたのか、そしてどのお祭りに行くべきなのかなど、日本の七夕文化について知っておくべきことをすべて紹介します。 このように日本の伝統的な行事についてあまり詳しく知らない方も多いはずです。 しかし、海外から見た日本は非常に伝統深く、独特なお祭りや文化があるため、非常に興味深いようです。 これを裏付けるように、世界的に定番人気となったインターネットギャンブルの仲間である、オンラインカジノのなかでも日本風のスロットゲームが多数リリースされており、頻繁にプレイされる人気のものとなっています。 もちろん日本国内でもプレイすることが可能なため、一度試しにプレイしてみることから始めてみてはいかがでしょうか? 特におすすめできる日本人に親しみやすいカジノエックスでは、数多くのカジノ定番のテーブルゲームから、オンラインスロットゲームまで幅広くプレイすることができます。 特に日本風なスロットゲームで人気の高い「サクラフォーチュン」「コイプリンセス」「花魁ドリーム」など、多くのプレイヤーから好評です。 オンラインカジノで遊べるオンラインスロットゲームの還元率は約95%以上で計算されていることが公式に発表されています。 日本のパチスロの還元率は、80%前後とされているため、オンラインカジノのスロットゲームの方が断然稼ぎやすいと言えます。 この機会に、パチンコから家で24時間好きなタイミングで回すことができるオンラインスロットゲームにシフトチェンジしてみるのも良いでしょう! 七夕の歴史:七夕はどこから来たの? 七夕の文化は中国で生まれ、奈良時代(710年~794年)に日本に伝わりました。 この頃、七夕祭りはもともと皇室のみで行なわれていたそうです。 日本の江戸時代頃から、現在の知られている七夕は、日本と中国の両方の伝統が混ざり合ったものとして知られるようになっています。 七夕伝説 織姫と彦星 七夕のお祭りは、ベガとアルタイルに代表される織姫と彦星の伝説に基づいています。 伝説の最も人気のある形式は、中国の民間伝承「牛飼いと織女」に由来します。 話は次のように残されています。 『むかしむかし、「織姫」という名前の美しい織工が中国の川岸に住んでいました。

Read More »